イベント子育てあれこれ育児サポート
2017.06.30(更新日)

こんにちは。ハハラッチライターのまっちです。

 

突然ですが、皆さんの周りにカジメン・イクメンはいませんか?

カジメンとは家事を積極的に行う男性、イクメンとは育児を積極的に行う男性の事。最近はよく耳にするようになってきましたよね。

なぜこんなことを聞いたかというと、今、富士宮市主催で「カジメン・イクメンPhotoContest(フォトコンテスト)」なるものが開催されているらしいのです。わが家に最強のカジメンでありイクメンでもある夫を持つ私は気になって仕方ないので、市民交流課女性が輝くまちづくり推進室の臼井さんにこのフォトコンテストについてお話を伺ってきました!

 

このフォトコンテスト、応募作品は「男性が家事や育児に携わっている様子がよくわかる写真」が対象。応募者は、富士宮市在住または在勤の方ですが、被写体として写っている方は富士宮市在住・在勤でなくてもOKです。

そもそもなぜこのフォトコンテストを開催することになったのかというと、男性にも気軽に家事や子育てに関わって欲しいという想いから。そうすることで「みんなで家事、みんなで育児」というムードを作り上げていきたいという狙いを話していただきました。いつも家事や子育てに取り組んでいる男性はもちろん、このコンテストが家事や育児に取り組むいいきっかけになるのではないかな、とも思いました。

また、ここで大事なのが「カジメン・イクメン」と聞くと子どもがいるお父さんをイメージする方が多いかなと思うのですが、お父さんだけでなく、おじいちゃんでもOKですし、例えば料理が得意な彼だったり、いつも下の子の面倒をよくみてくれるお兄ちゃんだったり、一緒に家の周りをお散歩してくれるお隣のおじさんでもOKなのです。これならいろんなシチュエーションで写真を撮ることができそうですね。私はご近所さんがよく遊んでいる子どもをみてくれるのでそんな写真も悪くないなぁと思っています。

このコンテスト、応募点数に制限はないのでいろんな場面をどんどん写真にとって応募してみてください。

 

だって、このコンテスト、入賞作品には豪華副賞が用意されているんですよ。実は私はこれを知って応募を心に決めました。最優秀賞はお食事券1万円です!これは欲しい!!また、参加賞として応募作品にオリジナルスタンプを入れた写真がもらえます。これは希望者全員もらえるそうなので、応募の際は参加賞を希望するかを必ず書いてくださいね。また、応募点数に制限はありませんが、こちらの参加賞はお1人最大3点までのお渡しとなりますので気を付けてください。

 

さて、肝心の応募方法は以下の3つの方法から選べます。

  1. メールで応募写真題名、コメント(100字以内)、氏名、住所、電話番号、被写体との関係、参加賞を希望するか、これらの必要事項をメール本文に入力していただき、写真を添付してkoryu@city.fujinomiya.lg.jp宛てに送信。パソコンはもちろんスマホからでも送れます。
  2. 電子申請富士宮市のHPより電子申請にアクセス。必要事項を入力して送信してください。
  3. 現像した写真を申込書と一緒に郵送または直接市役所へ持ち込み。持ち込みの場合、市役所1階の女性が輝くまちづくり推進室まで持って行ってください。市役所正面玄関入ってすぐ右側にあります。郵送の場合は富士宮市弓沢町150番地「富士宮市役所市民交流課女性が輝くまちづくり推進室」まで郵送してください。

以上の3つの方法からご自身が一番応募しやすい方法で応募してくださいね。

募集期間はすでにはじまっていて、締切は平成29年7月20日(木)までです。

 

さて、早速シャッターチャンスを逃さないようにカメラを持って夫や子どもに張り付いていようと思います。皆さんも素敵な1枚をぜひ応募してみてくださいね。

 

カジメン・イクメンPhotoContestホームページはこちらから→富士宮市HP

電子申請はこちらから→電子申請

申込書はこちらから→申込書

ハハラッチライター

まっち

まっち

農家の嫁なオシャレ番長 大阪出身。アパレル販売員。オーガニック野菜を作る農家の夫とわんぱく盛りの息子と暮らしています。富士宮歴短めなのでまだまだ知らない富士宮の魅力を探っていきたいです。