おでかけショッピンググルメ
2017.02.11(更新日)

いちごが旬の季節になりました!スーパーの青果コーナーにも甘い香りのいちごが並んでいますね。

でも!せっかくなら、とびきり甘くて真っ赤ないちごが食べたい!それもお腹いっぱい!

ということで…

やってきました!富士宮のいちご生産・直売「れっどぱーる」さん♪
ヘタのところまで全部真っ赤な「完熟いちご」にこだわったいちご栽培を行っています。

今回はハハラッチメンバーに声をかけて、みんなでワイワイいちご摘み企画です。
れっどぱーるさんでは、今年は1月21日からいちご摘みがスタートしています。

ショップのレジでいちご摘みの予約確認と代金支払いをしてから、いちご摘みハウスへ案内してもらいます。
(いちご摘みは予約優先ですので、事前の電話予約がオススメ。)
ビニールハウスがずーっと並んでいます。この中、全部いちご!

まずは、スタッフの方からの説明で、いちご摘みの注意事項を確認。専用カップに練乳をもらいます。
いちごの摘み方も丁寧に教えてくれます。

そっと力を入れるだけでプチン!といちごがツルから外れます。説明通りに摘まないと、そのツルから次のいちごが実らなくなってしまうそう。
緊張しつつやってみると、プチン!できました!

甘~い!
カップに入れてもらった練乳につけてもいいけど、そのまま何もつけずに食べても美味しい!
摘みたてのみずみずしさと、いちごの大きさに、メンバー全員が幸せ~!(笑)
いちご摘みは60分食べ放題。スタッフの方に指定された通路で、左右のいちごを摘んで口に運びます。手が止まらない(笑)
手のひらサイズの「でかほっぺ」も発見しましたよ。
練乳をもっとほしい場合は、チューブタイプを1本100円(お得!)で購入できます。

れっどぱーるさんでは「高設栽培」という地面よりも高い位置で栽培しているため、いちごは大人のおへそくらいの高さに実っています。
だから、大人はしゃがんだりしなくてもラクに摘むことができますし、子どもだって自分でいちごに手が届きます。身長100cm前後の子どもなら、自分でいちごを摘むことができますよ。
いちご摘みはどの世代の方も楽しめますね。
高校生グループでの利用もあるそうで、この時期ならクラスメートとの思い出作りにもなりそうです。

ハウスの中はぽかぽか。外気温との関係で20度くらいになることもあるそう。
もちろん雨の心配もありません。
入口付近に、上着をかけるハンガーラックと荷物置き用の棚が準備してありました。
駐車場から上着を着てきてもハンガーがあればいちご摘み中に邪魔になることはありませんし、棚にママバッグを置いておける安心感は子連れママには嬉しいですね。

ハウス内には休憩用の椅子も。ちょっと休憩しながら食べたり。

 

ハウスの脇に記念撮影用のパネルを発見!絶対撮る派(笑)

 

いちご摘みハウスの隣には、いちごの苗を育てているハウスもありました。
この苗からツルを分けて、たくさんの苗に増やしていくそうです。いちごの大家族といったところですね。

 

60分のいちご摘みを堪能し、ショップとカフェスペースへ。
こちらのカフェはメニューが豊富。どのメニューにもイチゴがたっぷり使われています。
メニューは、すべて佐野社長をはじめとしたご家族スタッフの皆さんで考案しているそうです。
最初にデビューしたのは「雪解け苺」。それから少しずつメニューが増えて現在の数に。

いちごが旬の季節である今は、生いちごを使用したパフェとクレープが抜群の人気!
(夏場はやはり冷たいメニューがぐっと人気になるそうです)
生いちごを使用したメニューは、いちごが旬の期間限定なので、ぜひたくさんの人に楽しんでもらいたい旬スイーツです。

購入したスイーツは、隣接したカフェスペースやショップ正面のビニールハウス内に設けられている飲食スペースで食べることができます。
カフェスペース内は空調も整っていて快適♪ 座席数もあり子ども用の椅子も準備されています。
手洗い用の洗面台も、大人用と子ども用が並んでありました。これなら、子ども達も元気よく食べて自分でキレイにできますね。
(お手洗いは隣接の駐車場脇にあります。ベビーカーも入れる広いお手洗いで、中には荷物が置けるくらいの小さな椅子もあるので、小さな子ども連れでも安心です)

店舗正面のビニールハウス内にも椅子とテーブルがあり、こちらはゆったりとした配置。
広~いキッズスペースで子ども達ものびのび遊べますし、ベビーカーの乗り入れもこの広さなら安心です。外だけどビニールハウスなので少しお日様が出ると中はそれほど寒くなく、むしろ元気な子ども達にはちょうどいいかも?!
この店舗正面の広いキッズ&飲食スペースも佐野社長をはじめとしたご家族みなさんのアイデア。
お買い物しつつショップの大きな窓から子どもの様子も伺うことができると安心感がぐっとアップします。

いちごの栽培・直売だけでなく、カフェもオープンした背景には、いちごを年間を通して美味しく楽しんでもらいたいという佐野社長の想いがあったそうです。
本来、寒い時期だけのいちご。旬の時期にたくさん収穫して大切に冷凍保存することで、その冷凍いちごを暑い時期に美味しく楽しめるように提供してくれています。
取材を通してそのことを知り、夏にれっどぱーるさんに行く楽しみが増えました。

ショップに並ぶたくさんのいちご関連商品。
カットいちご、かわいい~。
ジャムは2種類。いちごの美味しさがぎゅぎゅぎゅっ!と濃縮されています。
箱にお行儀よく並んだ真っ赤ないちご達は、自宅用だけでなく贈答品としても大活躍。
(私がれっどぱーるさんに足を運んだきっかけも、頂き物のいちごの甘さに驚いたからでした)

今回、私は子ども達に「でかほっぺ」をゲット♪
子どもの手で持つと大きさが…ほんとに、でかっ…(笑)
ジャムは、いちごジャム好きの娘のお腹にペロリと納まりました。

【れっどぱーるのいちご摘み】
料金:小学生~大人 1800円 / 3~6歳 900円 / 0~2歳 無料
60分食べ放題・練乳は受付時にカップに入れてもらえます。
(練乳追加希望の場合はその場で1チューブ100円で購入可)
摘んだいちごの持ち帰りは不可。
開園期間:1月中旬~5月上旬 10:00~16:00(最終受付15:00)
※予約優先なので事前に電話予約がオススメです。
いちご摘み専用予約ダイヤル:080-3680-1539(受付時間10:00~18:00)
☆「1539」はイチゴスキってなってるんですヨ!☆
いちご摘みで来店の際は第2駐車場へ駐車してください。

 

ハハラッチライター

はる

はる

黒髪+メガネがトレード マーク

夫と小学生女子・幼稚園男子の4人家族。在住8年目ですが、富士宮にはまだまだ知らない場所がたくさん。取材を通して富士宮のことをもっと知っていきたいです。