クラフトビール品揃え地域1番店、酒のやまきでサーバーレンタルしてみた♪

2020.05.07 公開

みなさん、生ビール飲みたくないですか?
ウイルスの影響で飲み会もなくなり、居酒屋さんもしまっている今、生ビールが恋しいですよね。
そんな夢を叶えてくれる地域の酒屋さんがあるんです!
それが「酒のやまき」さんです!


どこにあるの?

酒のやまきさんは、 富士宮市万野原新田4037-2 にお店があります。
富士宮やきそばの有名店「ゆぐち」さんのすぐ近くです。

クラフトビールがこんなにたくさん?!

酒のやまきさんは、クラフトビールの品揃え地域1番店!
みてください!この品揃え!

富士宮のFUJIYAMA HUNTER’S BEER 、御殿場高原ビール、沼津のRepubrew、伊豆のベアードビール、掛川の KAKEGAWA FARM BREWING 、用宗の WestCoastBrewing 、山梨の希少クラフトビール宇宙エール、長野県の志賀高原ビール、厚木のサンクトガーレン、アメリカのSTONE BREWING、デンマークの Mikkeller …キリがないほどのラインナップ!
(日によってあるクラフトビールの種類は違います)

それぞれのブルワリーから、様々な種類・味のビールが出ているので本当に迷います(^^;)フルーツを原料としたものや、季節ごとにその時期にしか飲めないビールも多いので何度も足を運びたくなります。


ビールサーバー無料レンタル?

そして、ビールサーバーのレンタルができます♪

貸してくれるのはこの機材。
ビールの樽とサーバー、そして炭酸ガスです。
ビールサーバーの仕組みはこんな感じ。

①炭酸ガスの圧力が密閉されたビア樽にかかる
②炭酸ガスの圧力で中のビールは樽内部のパイプを通り、サーバーに送られる
③サーバー内部の細いパイプは冷却されていて、そこを通ってビールは冷やされる
④サーバーに取り付けられたサーバーコックを開くと、冷えたビールが出てくる

料金は
サーバー貸出自体はなんと無料!
消耗品として炭酸ガス1回当たり¥500
冷却用の板氷1つ¥300

ビール樽
・アサヒ:5L、10L、19L
・サッポロ:10L、20L
・キリン:7Lと15L  の中から選ぶことができ、 1リットル¥600。

クラフトビールは、1L¥1,000〜1,500くらいで数日前までの予約が必要です。そして、店舗に引き取りに行くと1Lあたり50円が割引です!
そしてレンタル時に機材保証代として1,000円かかりますがこれは返却時に戻ってきます。

私の場合…
・キリン7リットル
 (600円×7リットル)+炭酸ガス500円+板氷300円ー引き取り割引350円
  =4650円+税 となります。
  (レンタル時には機材補償費1,000円がプラス必要です)

レンタルの流れは?

まずは、酒のヤマキさんにサーバーの予約です。
電話やFacebookメッセージなどで予約できます。
使用したい日にちと樽のサイズと銘柄を伝えます。

そして予約した日に酒のやまきさんに出向いてサーバー、炭酸ガス、ビール樽をお借りします。一緒に板氷も買いました。私は初めてで全くの初心者でしたが、丁寧に教えてくださいましたよ!

自宅で教わった通りに、つなぎます。こんな感じ♥

自宅で生ビール飲めることに感動(>_<)

返却日に返却しにお店に行きます。

この下のギザギザの部分にビールが通る。
この上に板氷を置いてビールを瞬時に冷やす仕組みだそうです。
やっぱり生ビールは格別です!(PHOT BY ACフォト)

サーバーの予約は、当日いきなり来店でも対応可能とのことですが、GWやお盆などの繁忙期はサーバーが全て出払っている場合があるので、事前のお問合わせが確実だそうです。また、クラフトビールやプレミアム系ビールは取り寄せとなるので、1週間ほど余裕を持って問い合わせしてみてくださいね♪

また、貸出し日数は、キャンプや泊まりなどの場合も相談すれば出来る限り対応していただけるそうです。
酒のやまきの店主さん。優しく何でも教えてくれます😊
こんな自粛生活のお供に、たまには家で生ビールを体験してみるのもいいかもしれませんよ😋

Tag

ハハラッチライター

REX

REX

自然ガイドだけどテレビも好き♡ 千葉県出身の2児の母です。富士宮歴は8年。本業は、自然ガイドです。自然を楽しめるスポットから飲食店や公園まで、幅広い情報を発信していけたらと思っています。

関連記事