いつもと違った我が家のGW 〜鍋ちゃん家〜

2021.06.17 公開

コロナ禍で迎えたGW。
皆さんはどのように過ごしましたか?
県外出身の私はいつも長期連休を使って滋賀の実家へ帰省しているんですが、今年は早い段階で帰省を見送ることに。静岡でのんびり過ごすことになりました。

保育園の洗礼を受けていた娘

4月に入り、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。我が家も娘の保育園生活がスタート。
周りのママからは「すぐ風邪もらっちゃうから気をつけてね」と言われていました。そうは言っても、今まで風邪を引いてもすぐに治ってた娘だし、大丈夫でしょう。そんな考えはすぐに後悔へと変わりました。
入園1週間にして鼻水、咳、熱がさがらない。
薬を飲んでもなかなか完治せず、GW直前に再受診した病院では休み前ということもあって診察から薬をもらうまで2時間もかかりました。
熱は高いのに、いつもと同じようによく食べよく遊ぶ。子どもの体力の恐ろしさを改めて感じることとなりました。

富士宮ならではのGWを楽しみたい

ゆっくり休んだことで娘はすっかり元気になりましたが、GWはあと僅か!家から近くて楽しめるところを探した結果、浅間大社で行われる流鏑馬祭を見に行くことになりました。いつも帰省して富士宮にいなかったので、なかなか行けなかった流鏑馬祭。今年はコロナの関係で規模を縮小して開催されました。

大人のテンションが上がる中、娘はおやつに夢中(笑)それでも馬の姿が見えると身を乗り出してじっとその様子を眺めていました。流鏑馬式(古式)が終わってからは、お昼ごはんへ。雨が降りそうだったので、お宮横丁で富士宮やきそばを食べて早めの帰宅となりました。

帰省ができなかったのは残念ですが、そのおかげで富士宮の伝統的な行事に参加することができました。いつか通常規模で流鏑馬祭が開催れることを心待ちにしています。

Tag

ハハラッチライター

鍋ちゃん

面倒くさがりのハンドメイド好き 滋賀県出身、令和ベビーの育児に奮闘中です。週末に夫と3人でおでかけするのが最近の楽しみ。まだまだ知らない富士宮の魅力を見つけていきたいです!

関連記事