おでかけグルメ
2018.07.06(更新日)

7月のテーマは「ひんやり」。
せっかくなら、
おいしいものを食べて「ひんやり」したい! ということで、
今回は、「富士のふもとのグルメコンテスト2013」で金賞を受賞した
「手作りシロップかけの純氷かき氷」を食べに、
「てんじくや」さんへ、ハハラッチのメンバー3人で伺ってきました。

文章であれこれ書くよりも、
まずは写真を見ていただきましょう。
3日間かけてつくられた不純物の少ない氷を
惜しげもなく、ふんだんに使ったかき氷がこちら!

【生フレッシュ いちご味(小)¥500】

定番のいちご味です。
「小」サイズを注文したのですが、
思わず「おぉ!」と声が上がる氷の量!
一般的なかき氷の3倍以上あるのでは?
と、まずはその大きさにびっくりです。

このボリュームが可能なのは、「てんじくや」さんの母体が
富士宮の老舗氷店である「渡辺冷蔵」さんだから。
おいしい氷をたくさん味わってほしいということで、
この形になったのだそうです。

シロップはフルーツを贅沢に使った自家製。
写真を撮ろうと近づいただけで、
いちごの甘い香りに鼻をくすぐられます。

口に入れた途端、ふわっと氷がとけて
いちごの味が広がりました。

ひんやり!

でも、冷たいものをたくさん食べたときの
キーンと頭が痛くなるような感じはありません。
後味もさっぱりしていて爽やか。

こんなにたくさん食べられるかなぁ……
と思いながら食べ始めたのに、
あっという間に平らげてしまいました。

サイズは「大」と「小」があり、
「大」を注文すると、シロップを2種類選ぶこともできます。

【生フレッシュ(大)キウイ味×甘夏みかん味 ¥700】

こちらが「大」サイズで、シロップは甘夏みかん×キウイ。
爽やかな夏の味でした。

大きなかき氷を、親子で分け合うのも楽しそうですね。

製法は門外不出の企業秘密とのことですが、
中には、富士宮の名産品である落花生を使ったものも!

【甘味シリーズ(小) ゆで落花生味 ¥500】

こちらは、かき氷の新たな可能性に挑戦した甘味シリーズのひとつ
白蜜ベースに、砕いた落花生が乗っていて、
黒蜜がかかっている和風の味でした。
メンバーからは「小豆っぽい味もする!?」という声も。

そして、3人で伺ったはずなのに、なぜか4個目(笑)。
甘いものが食べたいときのイチオシ!
抹茶味です。

【甘味シリーズ(小) 抹茶味 ¥500】

場所柄、浅間大社のお祭りがあるときは
非常に混雑するそうなので、
子連れで行くなら、平日の昼間がよさそうです。

駐車場は店舗の北側にあります。
普段は3台分ですが、夏期は5台分確保しているとのこと。

暑い夏、手軽に「ひんやり」したいというときには、
「てんじくや」さんへ寄ってみてはいかがでしょう。

ハハラッチライター

ふーみん

ふーみん

ヨガインストラクターだけど夜ふかし大好き♡ 富士宮市出身。1児の母。奈良、横浜を経て、出産を機に富士宮に戻ってきました。季節の移ろいに合わせて身体をつくる「こよみヨガ」のインストラクターとしても活動中。四季折々の富士宮の魅力を発信していきます。