おでかけ
2017.02.20(更新日)

 

こんにちは、mapleです。

インフルエンザが猛威をふるっていますが、みなさんのご家庭はどうでしょう・・・?

我が家は、三女がいただいてきました~(+o+)

 

ところで、がん検診受けたことありますか?

今や「2人に1人ががんになる」と言われています。

確率でいえば夫婦ふたり、どちらかががんになるかも!ということです・・・

そう考えると怖いですね~。

今回は、保健センターで行われている乳がん検診(マンモグラフィー)を取材してきました!

富士宮市では、今年度41歳になる女性1,848名に無料で乳がん検診が受けられるクーポン券を送付しましたが、クーポン券を利用して乳がん検診を受けた方は192名(平成29年1月5日現在)とのこと・・・

クーポン券がなくても自己負担1,020円(約6,000円は市からの助成です)で検診を受けることができます(乳がん検診は40歳以上の女性)

まずは、電話で予約をします→(受付)富士宮市健康増進課(TEL0544-22-2727 平日8:30~17:00)

※今年度の保健センターでの集団検診はすべて予約が埋まってしまいました。富士宮市立病院、または共立蒲原総合病院での検診になります。詳しくは富士宮市健康増進課にお問い合わせください。

午前は9時から10時30分、午後は13時から14時に受付を済ませます。

当日は受付順での検診になります。

保健センターに入り、案内の通りに2階の受付へ。

番号札を取り、検診票(問診票のようなものです)に記入し受付に提出。

受付で、クーポン券または現金で支払いをします。

その後、視触診です。個室に移動し、上半身裸になりポンチョ?のようなものを着ます。

個室なので、なんの心配もありません。

視触診が終わるとマンモグラフィーです。

ここで少し待ち時間があるので、マンモグラフィーとは?のDVDを見ながら待ちます。

いざ、検診車へ!!

ここでも上半身裸で、視触診の時のようなポンチョを着ます。

片側ずつ、上下、斜めからエックス線写真を撮影。

終了~~~~!

 

私は昨年度、無料クーポンを使って初めてマンモグラフィーの検診を受けました(年齢がばれてしまう・・(^_^;))

すごく痛いらしいよ~。と聞いてビクビクしていましたが、それほど痛みも感じず・・・(痛みの感じ方は人それぞれなので、ぜったい痛くないとは言いません)

がん検診の目的は、がんを見つけることだけではなく、がんで亡くなる人を減らすこと!

マンモグラフィーは、乳腺の発達している30代までの方にはあまりメリットがなく、40代からの検診だそうです。

20代30代だけど気になる~という方は、超音波で乳がん検診できる病院もありますよ。

乳がん検診、子宮頸がん検診の助成はいずれも2年に1度。

忘れないように、乳がん検診⇔子宮頸がん検診を毎年交互に受ける方もいるそうですよ。

 

託児はありませんが事前に申し出があれば、視触診の間や検診車でのマンモグラフィーの撮影の間は保健センターの職員さんがお子さんをみていてくださるそうです。

仕事や子育てに忙しく、自分の体を後回しにしてしまう女性が多いと思います。

ご自分の体のチェック、してくださいね!

2年に1度なので、私も今年は乳がん検診受けないと・・・・

maple

 

 

 

 

 

 

 

ハハラッチライター

maple

maple

やる時はやる、抜く時は 抜く、三姉妹の母ちゃん イベント、お祭り大好きの3姉妹の母です。趣味はハンドメイドで布小物作り。アイシングクッキーの講師もできます!楽しい情報を楽しみながらお届けしたいです(*^^*)