おでかけ
2019.06.05(更新日)

富士宮北部の隠れた観光地田貫湖。
田貫湖は、ダイヤモンド富士の写真が撮れること、キャンプ場などで有名なんです。
大手生命保険会社のCMでも使われている、キレイな景色と雄大な富士山がのぞめます。
↓ CMはこちら

そんな田貫湖で、子どもたちとサイクリングを楽しんできました♪
風が最高に気持ちよかったので、ご紹介します♪

(田貫湖ふれあい自然塾 HPより)

田貫湖の周りは、この地図のような感じで湖畔を1周できるサイクリング&散歩道が整備されています。
勾配も少なく、自転車を乗り始めた小学生にピッタリのコース。
1周約4㎞で、自転車で大人は20分程度とのこと。

まずは、田貫湖南側のキャンプ場用駐車場に車を停め、管理棟に行きます。

 

管理棟の中には、売店やレストラン、トイレなどがあります。

キャンプ場を利用する人は、ここで利用料金を支払ったり、
6月~はボートなんかも借りられるそうです。そんな受付も全てここです。
今回はレンタルサイクルを利用します。
受付は管理棟入り口右手の自転車置き場です。

じゃ~ん!!たくさんの自転車が並んでいます。
子ども用~大人用、子どもの後部座席がついた2人乗り用まで幅広くありますね。

うちの長男小学1年生は1番小さいこの青い自転車を選びました。身長110㎝でちょうどいいくらい。
長女小学4年生もピッタリのものがありました。
私も大人用の自転車を選びました。
後部座席がついているものに乗せられる子どもは
2歳~5歳までと決まっているそうなのでご注意ください。

希望する自転車が決まれば受付で番号を伝えてお金を払えば、鍵を貸してくれます。
今回は1時間のレンタルにして、1台500円×3台で1,500円支払いました。

さぁ、出発です♪湖畔の周遊コースは自転車は時計と反対回りと決まっているそうなので、その通りに1周を目指します。

湖畔コースは当たり前ですが田貫湖の周りを1周します。ですが、景色がいろいろ変わっていって、気持ちいい!!こんな橋を渡るところもあれば…

こんな広場みたいなところも…

湖すれすれのところも!出発から15分ほどで、反対側まできました。最初は怖がっていた子どもたちも慣れてきて、ぐんぐん進みます。

途中、ホテルの前の道は滑るということで自転車から降りて進む部分もありました。そこには、ダイヤモンド富士が撮影できるという有名な撮影スポットも!

この日は、ダイヤモンド富士ではなかったですが、まぁキレイで雄大な富士山を見ることができました。こんな寄り道もしながら、キャンプ場のテントを横目に進みます。

そして1周ゴール!!
寄り道しながら&子どもたちでも、1周約30分でゴールできました。ゆっくり休憩でもするのかと思いきや、「楽しい!もう1回行くっ!」と言い、更にもう1周したのでした。っというわけで60分みっちり自転車を漕いで楽しんだサイクリング。
もちろん、自分の自転車を持参してもいいですね。
うちは、長男が自転車を乗れるようになってきたのでチャレンジしましたがとってもいい経験でした。

田貫湖には、こんな遊具があったり、以前記事にも書いた田貫湖ふれあい自然塾もあるので、サイクリングを楽しんだあともいろいろと遊べます。

管理棟のレストランは、お座敷もあるので小さな子でも安心ですし、お弁当を買ってきて湖畔で食べるのも気持ちがいいものです。

土日しか食べ物メニューはやっていないということなので、そこは気をつけてくださいね。

 

っというわけで、今回はサイクリングを楽しみました。子どもたちも喜びましたが、大人も運動不足解消になりました(^_^)b 新緑や夏、紅葉の時期など季節をかえて、またサイクリングしたいなと思ったのでした。みなさんも、自転車の練習に、運動不足解消に、風を感じに行ってみてくださいね。

 

ハハラッチライター

REX

REX

自然ガイドだけどテレビも好き♡ 千葉県出身の2児の母です。富士宮歴は8年。本業は、自然ガイドです。自然を楽しめるスポットから飲食店や公園まで、幅広い情報を発信していけたらと思っています。