至福のコーヒータイムを「赤富士」で

2021.01.06 公開

最近コーヒーの美味しさに目覚めつつあるわたしに、うれしいニュースがありました!
富士市にあった「富士山麓の自家焙煎珈琲屋 赤富士」が、2020年10月に富士宮市の北高の近くに移転オープンしたのです。
以前から、コーヒー好きの主人がコーヒー豆を買う時にお店について行っていたのですが、家でこちらの豆からコーヒーを淹れてもらうと「こんなに美味しいのね~!!」と毎度のように感動していました。
そんな、わたしのコーヒー革命を起こしてくれた「赤富士」を、今回はご紹介したいと思います。

クラシカルな雰囲気の素敵な店内

「赤富士」の店内は、クラシックな雰囲気が漂って、一歩足を踏み入れると街の喧騒とはかけ離れた静かな空間が広がっています。
イギリスのアンティークの椅子などの家具を中心に、深みのある赤と茶色でまとめられたインテリアにクラシックの音楽が流れて、優雅な気分にさせてくれます。
カウンター席とテーブル席があるので、一人や二人で行くならカウンターでコーヒーを淹れてもらうのを眺めるのも楽しいですよ。
カップはウエッジウッドの華やかなデザインのものが並んでいて、どのカップで飲めるかなとテンションもあがります♪

こだわり抜いたコーヒーをいただきました!

コーヒーは、お店の名前を冠した「赤富士ブレンド」と「楠木ブレンド」の二種類のブレンドコーヒーと、ケニア、エチオピア、ブラジル、インドネシアなど世界の国々から選りすぐったシングルコーヒー16種類がメニューに並んでいます。
メニューにはそれぞれのコーヒー豆の特徴が記されています。
たとえば、「エチオピア・シダモ・ウォッシュト」は、「爽快な苦みとスモーキーなフレーバー。フルーティーな余韻。無農薬・無化学肥料栽培」。
ワインの特徴のを表すときとの表現のようですね。
それだけ繊細な味や香りの違いがコーヒー豆にもあるのですね。
ほかにも、ストロベリーフレーバーとか、ミルクチョコやマンゴーのような甘さなど、様々な特徴があるので、コーヒーの種類に詳しくなくてもいインスピレーションで好きな特徴のコーヒーを選べますよ。

今回は、ハハラッチの先輩のおすすめの「ケニアAA」をオーダーしてみました。
特徴は、「キングオブコーヒー。フルーティーな香りと濃厚芳醇なコク」。
キングオブコーヒー!! これは期待しちゃいます。
まずは豆を挽いて粉にしたものをフィルターに入れ、サーバーに乗せてお湯を注ぎます。
すると、みるみるうちに粉の表面がふくらんでいくのです!
新鮮な粉で淹れると、このようにふくらむのだそうです。
ぜひ動画でお楽しみください!

ふっくらふっくらと高くなっていく粉、、、まるで生きているようで、見ているだけでも楽しかったです!
コーヒーを淹れてもらう工程もぜひ楽しんでみてくださいね!

ケニアAA 680円

ひと口いただいてみると、口の中にふわっと広がるまろやかな口当たり、芳醇な香り、雑味をまったく感じさせない洗練された味わいに、シアワセ~になりました♪
そして、後味がすばらしくいいのです。
美味しいコーヒーってこういう味わいのことをいうのね、と思いました。
プロの方に、最高の豆で、挽きたてのコーヒーを淹れていただくのは格別ですね!

コーヒーに合うケーキもいただけるので、今回は「リンツァートルテ」というスパイスを使ったケーキを選んでみました。

リンツァートルテ 650円


シナモン、ナツメグ、クローブを練りこんだ生地に、オーガニックのラズベリーで作ったジャムを合わせた深い味わいのこっくりとしたケーキです。
無農薬無化学肥料の小麦「きぬあかり」や、平飼いの自然卵、一番搾りの菜種油など、こだわり抜いた素材を使って、奥様が手作りしています。
ケーキとコーヒーを一口ずつ口に運ぶと、、、さまざまな香り、味わいが口の中に広がって、どれもがその素材のよさゆえに素敵なハーモニーを奏でていきます!
丁寧な仕事と素材へのこだわりが詰まった最高の味わいに出会えて、幸せでした😍

美味なるコーヒーは、丁寧な作業から

「世界各国から厳選した最高級の生豆を、焙煎前後に3回ずつハンドピックしております」とお店のホームページに紹介されていますが、このハンドピックでいい状態の豆だけを選ぶことが、コーヒーを最高の状態で味わうためにとても重要なのだそうです。
店主の清勝紀さんは、チェーンのコーヒー店での勤務を経て、東京にある自家焙煎珈琲の名店「カフェバッハ」で三年間修業した後「赤富士」をオープンしたということ。
この「カフェバッハ」は、コーヒー好きの間では知らない人はいない名店なのだそうです。
そんな名店から受け継がれたコーヒーを富士宮でも味わえるなんて、すごいですよね!
コーヒーは一杯600円(税込)からですが、この一杯にかけるご主人の丁寧な作業、口福感、ゆったりとした時間を過ごせる贅沢さを考えたら納得です。
コーヒー豆は100グラム730円(税込)からそろっています。

産前産後のママにうれしいカフェインレスコーヒー

ハハラッチの読者の方の中には、妊娠中、授乳中の方もいらっしゃると思います。
その期間は、カフェインを控えたほうがいいのでコーヒーから遠ざかってしまいがちですよね。
カフェインレスコーヒーなら大丈夫と思って飲んでみても、なんだかあまり美味しくない!?と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか!? 
わたし自身、妊娠中や授乳中でもたまにコーヒーを飲みたくなるたちで、カフェインレスコーヒーのドリップパックを買ってみたり、お店でもカフェインレスコーヒーがあると飲んだりしましたが、なかなか美味しいものに出会えませんでした。
「赤富士」のメニューにもカフェインレスコーヒーを見つけたので、いただいてみましたよ。
「カフェインレス・エチオピア・ナチュラル」。
ストロベリーや赤ワインを思わせる風味とスッキリした苦み、と紹介されています。
いただいてみると、期待を裏切らない美味しさで、妊娠中に知っていれば~!と思いました。

素敵な店内、こどもは大丈夫?

こども連れでも大丈夫ですが、カップなど高級なものを使っているのでお気をつけてください、とのことでした。
わが家は二歳半の娘は飲食店では比較的いい子にしていてくれますが、飽きると動き回ってしまうので、行くなら私と二人ではなく、パパと一緒に行けるときのほうが安全かなと思いました。
こどもがやんちゃ盛りの頃なら、美味しい豆を買って家で淹れてコーヒータイムを楽しめば心配なくていいですね。

コーヒー好きに拍車がかかりそうです!

「赤富士」と出会って、コーヒーの魅力にはまってしまったわたしです。
おばあちゃんになっても通いたいお店だなと、取材をしていてふと思いました。
いまは新しい店内もきっと少しずつ年季がはいってきて、アンティークの家具の古さもあいまって味わい深い雰囲気になっていくのでしょう。
日常から少し離れて、美味なるコーヒーで自分時間を過ごせる場所。
家でも「赤富士」のコーヒー豆があると、いつ飲もうかな♪という楽しみができました。
普段なにげなくコーヒーを飲んでいる皆さん、ぜひ「赤富士」でコーヒーの奥深さを体験してみてくださいね。
新たな楽しみが待っているかもしれませんよ♪

富士山麓の自家焙煎珈琲屋 赤富士
営業時間:月木金13-19時 土日祝11-18時 
定休日 火・水曜 臨時休業有り
駐車場 5台
席数 店内15席(カウンター席5 テーブル席10)

Tag

ハハラッチライター

よっしー

美味しいもの大好きな食いしん坊ママ 富士宮出身、2歳の女の子のママです。自然いっぱい、新鮮な野菜など美味しい食材いっぱいの富士宮が大好きです。食いしん坊なので、食べ物情報多めになるかもしれません。よろしくお願いします!

関連記事