おでかけイベント育児サポート
2017.01.05(更新日)

12月8日(木)、富士宮市民文化会館2Fの展示室3にて「母力UPフェス~癒しと体験~」が開催されました。
dsc07362

NPO法人母力向上員会が主催のこのイベントは、子育て中のお母さんへの「癒し」と様々な「体験」をしてもらうためのもの。
平日10時~14時までの開催ということもあり、子連れではなくお友達同士で来ているお母さんも多く見られました。また、乳幼児連れのお母さんたちは、ベビーカーや抱っこ紐で赤ちゃんのペースに合わせてのんびり楽しんでいる様子でした。

フェスの出店内容は、まさに「癒し」と「体験」が充実!
はにかむカフェでのスイーツやコーヒーの販売、カイロプラクティックなどの「癒しブース」と、
アイシングクッキー、ブリザーブドフラワーアレンジ、陶器のブローチや器作り、カラーセラピーなどの「体験ブース」が並びました。特に体験ブースは、自宅ではなかなかできない体験が多く楽しそう♪

 

また、当日は隣の展示室2で母力向上員会主催の「お宝市」が、和室では「Umidas Cafe」が同時開催されていました。
毎回大人気の「お宝市」。子育て中のお母さん達のハンドメイド作品が会場いっぱいに並べられ、どのブースも大賑わい。

印象的だったのは、来場者に年配のご婦人もいらしたこと。
「あったらいいな」をカタチにした作品が多く並ぶお宝市は、年代を問わず楽しめる場所のようです。

 

「Umidas Cafe」では、元気な子供たちの声と楽しそうに育児トークをするお母さん達の笑顔がありました。
今回のテーマは「子どもが発熱!その時どうする?」。記者の私も悩んだ経験があるテーマ。
寒さが本格的になり始めた時季でもあったので、すぐに役立ちそうな情報や先輩ママの経験談に真剣だったり笑っちゃったり。

 

会場を歩いていると、富士宮には元気なお母さんがたくさんいることがわかります。
出店している人も来場者もほとんどがお母さん。みんな自分が笑顔になれる場所を持っています。
癒しと体験そして会場での出会いのパワーで母力がUPしたことまちがいないようです☆

ハハラッチライター

はる

はる

黒髪+メガネがトレード マーク 夫と小学生女子・幼稚園男子の4人家族。在住8年目ですが、富士宮にはまだまだ知らない場所がたくさん。取材を通して富士宮のことをもっと知っていきたいです。