ショッピング
2019.02.25(更新日)

年度代わりのこの時期。
そろそろ入園入学準備が本格的になってきているのではないでしょうか?
幼稚園や小学校で使うあれこれ、形やサイズが指定だったり、子どもが使いやすいように工夫をしてあげたりで、ハンドメイドで準備するお母さんも多いと思います。

そこで今回は、ハンドメイド作家のMaple roomさんにインタビューをしました。
Maple roomさんは、富士宮在住で、園グッズや小学校で使うチェアカバーなどを作っている他、アイシングクッキーの講師も行っているハンドメイド作家さんです。
すでにご本人をご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
そんなMaple roomさんのあれこれ、訊いちゃいました!

ハンドメイドを始めた時期・きっかけは?

11年前?かな・・・長女妊娠中に、自分のミシンも持っていなかったけど突然「何か」作りたくなって(笑)
手芸店に行き、そこにあったカボチャブルマの無料レシピをもらい、布を購入!手縫いで作りました。その時作ったカボチャブルマは3姉妹全員、おむつカバーから3才くらいまでフル活用して、お友達に譲りました。
その後、ミシンを購入して我が子用と友達にあげる用にカボチャブルマをいくつか作りましたが、長女出産とともに時間がなくなり、ハンドメイドはしばらくお休みしていました。再開したのは、長女の入園グッズ作りで、お宝市の初出店は2015年5月でした。
アイシングクッキーは4年ほど前、友達がアイシングクッキーの講座に参加して作った作品をSNSに載せていて、すごく興味がわきました。それからしばらくして、三女が幼稚園入園で少し自分の時間ができた時に、アイシングクッキーの講座を調べていくと13000円とか4000円とかで・・・認定講座を受けてしまえば一通りの技術は身に付くし、必要な道具も揃うじゃん!!講座に何回も通うよりいいかも!という安易な考えで、認定講座を受講し講師の資格を取りました。なので、アイシングクッキーの講座をやりたい!というより、趣味の延長です。

作品のラインナップは

入園・入学グッズ、布小物の他、アイシングクッキーの講師もしているので、販売はしていませんが講座やワークショップを時々(笑)やっています。

人気商品とイチオシのアイテム!

入学グッズのチェアカバーや防災頭巾カバーは定番ですが、シーズン物なので・・・
私的にイチオシはヘアバンドです!某フリマアプリでは1000円くらいから売っているらしいですが、500円で販売しているにもかかわらず、なかなか売れません・・・笑

 

 

 

 

 

作品について、家族の反応は?

子どもたちは「かわいい~♡これ欲しい~♡」という物と「何これ?」と言う物があります。かわいいという物は、勝手に使い始めることもあります。
ママの作品はタダだと思っているフシはアイシングクッキーも同様、常々感じます。

こだわりやデザイン、制作で気を付けていること

生地選びは、かなり偏っていると思います(笑)私好みの生地しか買いません!女の子しかいないので、女の子向きの生地が多いですが、私の好みでドクロや宇宙、迷彩、動物柄などたくさんあります。
デザインは、基本的に学校や幼稚園・保育園で使う物が多いので悩むことはありませんが、子どもたちが使っていくなかで「ここはこうしてほしい」「これ不便」と言われたことは改良しています。
チェアカバーなどは特に、ポケットの部分の糸がほつれたりすることがあるので、販売するときに注意を促したり、補修は承ることをお伝えしています。
素人の作品ではありますが、経年劣化以外のことは誠意をもって対応したいと思っています。

やりがいや楽しさを感じる時は?

私の楽しみは
・生地選び
・柄合わせ
・ミシンで縫う
ことです。
ストレス発散ともいえます(笑)
ネットで買った布が届くと、見てるだけで幸せです。
イベントで「かわいい~♡」「ツボ」って言ってもらえると嬉しいです。
自分の子どもが通っている学校や幼稚園・保育園以外の、私の知らない教室で私が作ったチェアカバーや防災頭巾カバー・通園バックやお着替え袋がかかっていることを思うとニヤニヤします。
れが見ることができれば、もっとニヤニヤすると思います(笑)

どこで買えますか?

お宝市の出店が主です。小さなイベントに出店することもありますが・・・
Maple room~かえでのお部屋~Facebookをやってます(最近更新してませんが・・・)
オーダーもそちらで受付けしています。

ハハラッチ読者へメッセージ

今、我が子に入園・入学グッズを作らなきゃ!と思っているお母さん、たくさんいるかと思います。がんばってください!!でも、苦手なことは得意な方に任せていいと思います。
今はハンドメイドイベントがたくさんあって、自分好みの作品がたくさん見つけられます。私も自分が作れないものはハンドメイドイベントなどで購入します。生地を買って、考えて、作って・・・を考えると買った方がお金も労力も・・・ってことが多々あります。お母さんの「自分の時間」大切にしてくださいね。

ハートがぎゅぎゅっ!

Maple roomさんの作る入園・入学グッズは、生地のチョイスに市販品ではなかなか見つけられないようなスパイスが効いたものが多く、とっても惹きつけられます!
一方で、インタビューを読んでいただいたらわかるように、スパイシーな作品とは逆にご本人は「ほんわか」した雰囲気。そのギャップも大きな魅力です。
インタビュー最後のMaple roomさんからのメッセージに、ハートをぎゅぎゅっと掴まれました。
Maple roomさんのハンドメイド作品には、ハンドメイドへの愛情と、子育て中のお母さんへの優しさが詰まっています!

(写真は全てMaple roomさんより提供いただきました)

ハハラッチライター

はる

はる

黒髪+メガネがトレード マーク 夫と小学生女子・幼稚園男子の4人家族。在住8年目ですが、富士宮にはまだまだ知らない場所がたくさん。取材を通して富士宮のことをもっと知っていきたいです。