妊娠子育て相談でママの悩みをスッキリ、笑顔に。母力向上委員会のソルトさんにお話をきいてみた!

2021.03.07 公開

ママのお助け役!母力向上委員会と代表の塩川祐子(ソルト)さん

 子育ては大変。お子さんがいる方みなさんが感じられることですよね。でも、子育てのどこで苦労するかは人それぞれ。子どもへの悩みも日々のつきものです。

 そんなときに、みなさんはだれに話をしていますか? --夫、自分の親、ママ友、昔からの友達? それでも煮詰まってしまうことって、ありませんか?

 今回オススメする「ママのお助け役!」なのが、富士宮野中に拠点をおく「母力向上委員会」さん(以下、母力)の塩川祐子(愛称ソルト)さんです。母力は、富士宮市・富士市で活動するNPO法人。メンバーはみんな子育て中のママたち。

  活動の一部ご紹介すると、

  • お子さんの遊び場の提供
  • 理由を問わない託児
  • ママたちのおしゃべり場
  • ケアサロンなどのサービスを提供 

などなど。すべての人が生まれてきてよかったと思える社会をめざして、活動をされています。

 母力で「妊娠子育て相談」を担当されている、代表のソルトさん。今回はソルトさんに、ハハラッチ取材してきました。ソルトさんは、看護師・保健師としての勤務経験をお持ちです。そして、3人のお子さんのママさんです。

「こんな母親・妻でごめんね」を「ママになってよかった」にするために

 母力の活動の支援やサービスは、ママ、パパなど、子育て中の親・家族に向けられた支援が中心。「パパが来てくださるのも大歓迎です。ご家族で来てください。」と。ここが、他とは一味ちがうところ!!ソルトさんご自身も専門職から「それはダメだよ、ママ」と、いわれた経験をお持ちです。

 「妊娠期から子育て期に、一人で不安を抱える人を減らしたい。やっぱり、ママになってよかったと言いたいよね。」という考えをお持ちのソルトさん。その考えが母力のスタッフさんたちみなさんの原動力になっています。母力は、100年後の社会を考えています。そして、軽やかにしなやかに現在の活動を実施中です。

どうやってソルトさんに出会ったの?

 ここで、ライターのタエが体験した相談の様子をご紹介。ソルトさんのおかげでモヤッとがスッキリに変わりました(^-^)

 2020年4月、インターネットでソルトさんの活動を知り、「妊娠子育て相談」(オンラインを使用)を発見。ネットなら実際に会わなくていいという気楽さで予約を決意!(※現在は対面での相談を実施中)

 相談ではいつもの自分が考えていることを、ばぁーーっと、ただつらつら話し続けただけ。3人目の妊娠中に今の住まいに引っ越し、数ヵ月。子どもたちの小学校や幼稚園、産院などの環境やルールのちがいにはなんとか対応してきたつもり…。

 でも、自分のこれまでの考え方から変えていかなきゃということもありました。

 例えば、幼稚園の預かり保育。転居前の幼稚園の預り保育では、気楽に利用のお願いしていました。親子で預り保育の話をするのも楽しみのひとつに。

↑まえの預り保育で先生と作ってきた作品たち

 転園後は、一転。幼稚園の預かり保育の申請理由として認められるのが、介護・就労・通院・兄弟の学校行事。それ以外は、「育児負担軽減のため」となります。ママが実際、育児に負担を感じているかどうかは関係ありません(笑)。でもおなじような預り保育というわけではなく、全くべつのような感覚でした。

 話は全然、止まりません!一方、じーっくりと聞いてくれるソルトさん。自分のありのままの状態をお話ししました。すると突然、涙がだぁーっと涙が溢れてくるのでした。

ソルトさんにお話できてよかったことをまとめてみた

  • 夫以外に話ができた。
  • ソルトさんのママとしての経験をふまえ、個人的な悩みに寄り添ってもらえた。
  • 共感してもらえた。話せてほっとした。
  • 身近な話題や共通の内容を挙げてもらい、会話がはずむよう気遣ってもらえた。
  • 自分の悩みが客観的に整理できた。
  • ソルトさんがプロでもあり、身近な先輩ママ。その両面があり、安心して話せた。

 ささいな悩みはママならだれでもあることかもしれません。だけど、人に話して整理するって大事。

 知り合いでもなく一度もお会いしたこともなかったソルトさん。リモートなのに、なんと心がスッキリしたことでしょう。みなさんにもこの感じを、体感してほしい!

「ダメな私」を出していい場所にしたい!

 相談するってハードルが高いと感じるママもいたり、ママ自身のことは後まわしになっているケースがあります。 わたしも、子どもを連れて話ができるかな!?なんて思っていました。

 「ここはダメな自分を出していい場所にしたいんです。今、悩みを持っている人も、いつか変わることができると考えています。ご本人が、今の状況ではとてもそうは思えなくても。気軽にきてほしいです。」と、笑顔のソルトさん。

 「妊娠・出産で不安な状態」から「ママになって、ここまでできた!とプラスに思えること。そのママたちの、いろんな思いを形にするところ」までを応援する。それが、ソルトさんの切れ目のない支援です。

 だから「私のことを聞いてほしい!」と言うママさん、大歓迎なんですね。ママが笑顔になれば、お子さんだって笑顔になれますよね。

ソルトさんとお話してみた感想をインタビュー!

 今回はPLAYDAY(お子さんの遊び場)に来てくださったみなさんにインタビューのご協力いただきました!

  • 普段は子どもと過ごすことが長く、大人と会話ができることがうれしかった。(イベント参加ママ)
  • ここは「ママの好きなようにしていい場所」と言ってもらえた。(イベント参加ママ)
  • ソルトさんは、とても話やすかった。いやされた。(イベント参加ママ)
  • うちの元気な息子たちを、こんなにほめてもらえる人がいるなんて!(母力スタッフ)
  • 専門知識も豊富なソルトさん。ちょっとした相談も聞いてもらえること。お母さんの先輩としての目線で相談に乗ってくれた。(母力スタッフ)
  • どんな悩みにも平等に接してもらえた。ソルトさんの共感力がすごい。(母力スタッフ)
  • ソルトさんは私の毒素を抜いてもらえる感じ。(ハハラッチママ)

子どもと一緒に遊びにいこう!

 相談っていうと大げさですが、気軽にお子さんと遊びにいらしてください!母力では定期的に、PLAYDAYというお子さんの遊び場を提供しています。

↓こちらは、一歳の女の子のママの記事です!会場の説明はこちらをご参照ください。

  一緒に行くママ友がいないですが、子どもと二人でも居場所はある?

  大丈夫です!

 スタッフさんもみんなこの地域に住んでいる現役ママ。子どもさんと遊んでいるうちに大人が盛り上がることも。母力のスタッフさんたちは初めて来てくれた人がいたらとってもうれしいはず。

 PLAYDAYでお子さんと遊んでいる間に、大人はソルトさんとお話できます。ちょっとした子育ての情報もきけますよ。

 もちろん、ソルトさんと対面で相談できる専用のスペースもあります。「妊娠子育て相談」では、母力ホームページからの事前予約が必要です。お子さんを預けてからゆっくりお話したいときは、こちら↓託児のスタッフさんもいてくれるんです。

 ママ向け講座も定期的に開催されています。イベントで託児のことや、参加者の人数制限などがある場合もあります。事前にホームページでご確認ください。

 ご都合が合えば、ぜひお申し込み予約をお願いします。

 すべての詳細、お申し込みは母力ホームページから↓

https://www.haharyoku.com/

Tag

ハハラッチライター

タエ

自然の景色と美味しいものが大好き。のんびり系主婦。 富士山がよくみえる住まいに引っ越しわずか数年。富士川越えたら新世界。こどもより遅刻と忘れ物が多めのおおらかママをしてます。自然を楽しみ美味しいものに癒され3人兄弟を育み中。

関連記事